広島市安佐南区の公立小学校で今学期最後のバルーン教室でした

   

みなさん おはようございます

昨日はバレンタインデーでしたね😊
一年のうちワクワクするイベントが1つ終わってしまいました💧
後はチョコレートの本をジックリ眺めて余韻に浸りたいと思います( ´艸`)

さて、そんなバレンタインデーの日はバルーンクラブの日でした!

小学生だけど大きなバルーンの作品作ったよ

そうなんですよ!
毎学期、最後のバルーンクラブはバルーンでコラムを作ります。
コラムと言われてもピン!💡ときませんね?
タワーみたいなのを作ったのです!!
色は子ども達が選んで作ります。
毎年、6年生をリーダーとして2チームに分かれて、指示をしてもらいながら作ります。
ですが、今年は6年生が1人も居なくて5年生と4年生です。
それでも2チームに分かれて作って貰いました。

今年は5年生のクラブ長さんと、4年生の副クラブ長さんの2人に色を選んで貰いチームに分かれて貰いました。
最初に復習で今まで何度かクラブで作った時に出てきた、バルーン同士の接続の仕方、組み方などなど説明してからスタートです。

子供たちに大きな作品を作らせるのは何故でしょうか?

大昔は大きい子供が下の子供の面倒をみるのは当たり前でした。
その中で、自分より年下の子を可愛がる、優しくする、親切にする、そういう気持ちが芽生えてくるように思います。
ですが今は、一人っ子が居たり 学校でも同学年単位で勉強や活動するので 年下の子の面倒をみる機会は少ないです。

なので私は、あえて同学年同士ではなく 別々の学年でチームを作り 協力する作品作りをさせる機会を作ります。
今回も高学年が、下の学年の子に教えたりする姿を何度か見ました。


最後に書く反省文でも『優しく年下の子に教えてあげようと思った』と言う言葉が何度か出てましたね😊

2つのチームの作り方を見てみる

さて今回6年生が1人も居ない中での作品作りです。
どのように作るのかなぁ~と見ていました。
1つのチームはクラブ長さんが指示を出し、決まった色を膨らまして接続し組み立てて行きます。
もう1つのチームはバラバラで4色を繋いで組み立てています。

やはり、決まった色を膨らまして接続する方が早いですね。
私は最初の作り方を説明した後は、あえて何も言いません。
横に並べて作るので、相手側の方が早いのは見えますよね?!
そこから『向こうは、あんなに進んでる』って事で考えるようです。

最後まで自分たちで作りあげる

トップに付ける黄色の大きなバルーンも子供たちで膨らましましたが、これ自分たちで結んだんですよ!!
大きいのでゴムが厚いです。その為とても結びにくいんです💦
私が『出来ないなら結ぶよー』と言っても、自分達で頑張って協力して結びましたね。
2人がかり、3人がかりで結んでました。
頑張ってたね😊

最後は自分たちで設置場所まで運んで歓声あげてました( ´艸`)
やはり最後まで自分達で頑張ったからこそ、最後の設置まで自分達でしたかったようです。

バルーンって個人個人で作品作るイメージが大きいですが、こうしてチームになって大きな作品を作る事もあるんですよ!
その中で子供たちの成長を感じる事が出来るのは、指導で入った私にしては とても嬉しい事です。

そして、やはり最後に子供たちからの『ありがとうございました』の言葉に涙が出そうになるのを我慢しなきゃならんかったです(>_<)
年取ると涙腺緩くて いかんです💧

来年は、どんな子供たちが入ってくるかなぁ~⤴⤴
今から楽しみです😊
一年間ありがとう!私も楽しかったよ⤴⤴
どこかで見かけたら声かけてね(*^_^*)

 - バルーン教室