私、ユニバーサルマナー検定受けます!!★手話教室から決めた新たな挑戦

      2017/07/10

みなさん こんばんわ

今日は午後からY-SMILEさんの手話教室レッスン1を受けてきました。
何故、私が手話教室に通うことにしたのか!?
キッカケとなった事をブログに書いています。

コミュニケーションが取りたい!手話が出来たら良かったのに…★切実に想った日と今回の縁

今日は前回の体験教室でやったような、バナナとかウサギなどの名詞ではなく、日頃の生活で私達が普段使う挨拶などを習いました。

言葉と手話って同じ感じ

今回、挨拶などを習いましたが言葉と似てるんです。
同じ言葉『ごめんね』を取ってみると
言葉で言う場合は、その声色で何となく状況を感じますよね?
怒ってイヤミで言ってる『ごめんね』なのか、悪いと思って謝っている『ごめんね』なのか…。
手話の場合は、手や顔の表情そして肩とか細かな仕草で雰囲気を伝えているように思います。

同じ言葉『元気?』『元気だよ』は同じ動作ですが、肩のちょっとした動きとか仕草で変わります。

何だか言葉を体で伝えるって、楽しい。
こうやって伝えることが出来るんだなぁ~✨と感激しました。

前回の宮島幼稚園のショーと教室でのこと

この幼稚園のショーと教室の時 地域の方が数人来られたんですが
中に視覚に障害がある方が居ると、ショーの前に話をしていて知りました。

実は私は今回のショーの中で、手話の体験で習った簡単な手話を入れようと最初から決めて来ていました。

これは先に書いた通り、聴覚に障害のある女の子との出会いがキッカケです。
ですが、視覚に障害がある方の事は考えてなかったのです…。

ショーや教室の時に何度か目を配ると、目を閉じて聞いて居られます。
なので、なるべく想像しやすいように話をしてみたつもりでした。
でも、これで伝わってるのだろうか?
まだ出来たんじゃないか?と言う気持ちが拭えませんでした。

Y-SMILEさんに相談する

相談してみたんです!
ショーで手話を取り入れたことを大変喜んでくれたのですが、視覚障害がある方への話の仕方などあるとの事。
手話を教えている方なのに、何故 視覚障害の方の事まで分かるんだろ?って思いました。

そこで出た言葉がユニバーサルマナー検定と言う言葉でした。
ユニバーサルマナー検定とは、どんなものでしょうか?
こちらにリンクを貼らせて頂きました。
こちらで勉強されたとのこと。

Facebookやネットで『ユニバーサルマナー』で検索すると出てきました。

ユニバーサルマナーとは?

高齢者や障害者、ベビーカー利用者、外国人など、多様な方々を街で見かける現代。 私たちにとって“自分とは違う誰かの視点に立ち、行動すること”は、特別な知識ではなく「こころづかい」の一つです。 多様な方々に向き合うためのマインドとアクション。

とありました。
普通の事なんです。
皆が知ってれば、もっと温かい社会になるんじゃないか?!って感じのマナーの研修を受けて検定の合否によって認定証などが送られてくるそうです。
なんと!ジャニーズの櫻井翔くんも研修を受け検定を受けて認定証を頂いてるそうです。(調べたら載ってました)

私も受けて勉強してみたい!!と強く思いましたね。
もっともっと色んな事を知らなきゃいけないなぁ~とも感じ反省しました。

自分が、こうなりたいと思いY-SMILEさんで販売しているピンバッチを購入してみました!
一部が、ほじょけ犬の寄付にも回されるそうです。

私と娘は『簡単な挨拶程度ならば出来るよー』って手話のバッチです。

もっと広まって周りでも見かける事が多くなると素敵ですよね✨✨

目標は、このバッチを付けてても恥ずかしくない程度のコミュニケーション取れる手話の習得!

そしてユニバーサルマナー検定合格です!!

 - pikaさんの日常