目で捉えた感動を、そのまま伝えたい★写真撮るのって難しい・・・

   

こんばんは

最近はスマートフォンを持ってる方も多く、簡単に写真を撮る機会が増えました。
iPhonは、撮りたいモノにピントを合わせて周りをぼかすような機能もあるとか・・・。
facebookやInstagramなどでも沢山の写真がアップされていて見ていて楽しくなります。
写真1枚から色々な世界が見えてきます。
本当に綺麗に見えたり美味しそうに見えたり。
スマートフォンの機能の凄さにビックリします✨✨

最近タブレットしか持って居なかった末っ子もスマートフォンを持つようになりまして
やたらと写真を撮ったりします。
誕生日に皆で食べる前のケーキ、友だちに貰ったバレンタインのチョコ、
可愛いと思ったイラスト、などなど自分がイイなって思ったモノをスマートフォンで撮っています。

今日は私の実家から帰省したのですが、帰り道で虹を5回も見た!と興奮して帰って教えてくれました。
そして写真を撮った!と言って見せようとしてくれました。
が・・・本人曰く「虹って上手く撮れないんだよね・・・」でした。
父親と「月も綺麗に撮れないんだよね」と話ししていました。
そう言えば、よく月が綺麗な日には外のテラスに出てスマートフォンで撮影してました。
今回その写真を送ってくれました。
やはり限界があるんですよね・・・。

私のスマートフォンはアンドロイドです。
アインドロイドが発売されてからズット、アンドロイドしか使ってません。
カメラの機能も、どんどん良くなっていて満足していました。
それなりに私みたいな写真の知識がない人間でもアプロを使ったりして
そこそこ良い写真が撮れるんです!
そう思ってました。

作品を撮ると違いが分かる

私は職業柄、沢山の写真を撮ります。
スマートフォンは手軽な大きさで軽いので持ち歩きに便利です。
なので気軽に写真を沢山撮ったりします。
最初は撮るだけで満足していました。
そのうち、旦那さんが上手に色んな角度から撮るようになりました。
角度で作品が良く見えたりしたんです。
そこから写真の角度などに拘るようになり、写真の出来上がりに拘るようになりました。

撮った写真を見ると、私の顔ってこうだった?とか思ってしまう事ありませんか?
自分の写真を撮る時そうですよね?!」
周りから見ると全くいつもと同じ顔だけれど、自分は気に入らない変な顔って事ありますよね?
私も作品を撮ると、それが出る気がします。
作品の表情が角度によって違うんです。。。
やっぱり自分が一生懸命作ったものだから綺麗に残してあげたいです。

目で捉えた感動を伝える

最近よく思います。
写真の加工って、どこまでするもんなんだろ…。
写真を撮っても実際に私たちの目で捉えたモノとは全然感動が違います。
何かが写真では違う気がします。
なので、そこで手を加えて加工します。
なるべく自分の目で見た感動が、そのまま伝わるように色を強くしたり・・・。
目で捉えた本物に、より近く見えるように加工する。
自分が、その風景で湧き上がったモノを伝える為ですよね。
そうすると目で見た感動が、写真を通しても見えたり出来ます。
だからカメラマンで同じ写真を撮っても違うのかなぁ~って思ったりします。

そう考えると加工って、どこまでしていいのか分からなくなります。
なるべく目で見た感じに近いように写真を撮りたいだけなんですけどね。
写真って、本当に難しいです(^_^;)

 - pikaさんの日常