荷物を送る時の梱包材について★海外取引で実際あったこと

      2021/06/18

みなさん おはようございます

今日は何故か朝から梱包材の話です( ´艸`)

それがですねー、先日 娘が初めて全て1人で梱包から宛名書きまでした郵便物を私が出したんです。
そして昨日は宛名書きとか郵便物を出させる経験を子供にさせた方がいいよーってブログを書いたと思います。

郵便物の宛名書きや、梱包は経験させた方がいいよ!

実際に1人で梱包までした物を、私が出すことで新しい発見などもあった訳です。

さて、今日は梱包するときに入れる梱包材についてブログを書いて行きたいと思います。

梱包材の話で娘と少し盛り上がったからです(笑)

今回の梱包には、たまたまあったプチプチを使った訳ですが、このプチプチの正式名称は気泡緩衝材(きほうかんしょうざい)と言うそうです。
わざわざブログ書くのに調べたくらいなんで、私も正式名称は知りませんでした( ´艸`)

これ一般的に、よく言われるし使う梱包材ですよね?!
これない時って何を使ってますか?
我が家は荷物がよく届くし、自分も発送するので色々見て来ました。

今まであった梱包材いろいろ

そーですねぇ…新聞紙をクシャクシャにして入っていた事もあります。
後は緩衝材として、ビニールを膨らませたような物、クッションペーパー、ミラーマット、紙パッキン、発砲素材のマシュマロみたいなの、などなど種類も豊富ですよね?

結構昔は新聞紙をクシャクシャにするか、プチプチの一択だった気がします。
最近は種類が豊富ですよね?!

でわ、海外では どーなってるの?

実はpikaはアンティークが大好きで海外で取引をよくしておりました。
日本でアンティークの物を買うとメッチャ高いので、個人同士でやり取り出来るeBayってところで取引してました。

ここでファイヤーキングや、ヘーゼルアトラスなどの食器類やアンティークドールなどを買ってました。
海外からの荷物なので、日本人が発送するなら そりゃあ過剰に梱包しますよね?

前にYouTubeで日本人から送られた商品の梱包材として入れられていた物に感激したという内容の動画を観た事あります。
それは、お菓子でした!!
ポテトチップスとか、カールとか そういう空気が入ってるスナック菓子です。
それを梱包材として入れてて海外の人が凄く喜んでた動画でした。

が!逆に海外から送られて来た商品は…私が覚えてる限り、きちんとした梱包材が入ってた事は皆無でしたね💧
その時代?その頃たまたまだったんでしょうか?分かりませんが…。

一番鮮明に覚えているのは、日本で買えばセットで2万超えるくらいするファイヤーキングのボウル。
これを、なんと梱包材無しで送られた事です!!

当然ですが割れてました…💧
4セット揃ってたから落札して取引したのに、2つ割れてたんですよ!!
しかもデカいボウルから2個!!
手元に残ったのは2個…
考えたら当たり前じゃんね!!海外から日本って海渡るんだよ?
しかも陶器だよ!!
それなのに梱包材0って無いだろ!!って思うけど本当の話です💧

でも、ほとんどの荷物📦には まともな梱包材が使われてなかった事を凄く覚えてます。
お国が違うと考え方も色々なのかなぁ~(^_^;)

さて、バルーンアーティストあるあるですが、私達は送る際には梱包材の代わりとして膨らませたバルーンを間に詰めます。
これだと物が固定されて動かない。
まして外からの衝撃もゴム風船があることで吸収されるんです!

結構風船を梱包材として使うのは便利ですよ!
手元に売るだけある訳ですし、大きさも様々なので(o゚∀゚)ブハッ∵∴
是非一度お試しあれ!!

でわ、今日も1日がんばろう!
行ってらっしゃい😊

 - pikaさんの日常