年寄りの免許返納★80才の姑の免許返納までの道のり~その4

   

みなさん おはようございます

毎日毎日本当に暑いですヽ(´□`。)ノ
そして、朝晩少し涼しくなってきました。
私の苦手な冬がくるんですね💦

さて、ここ最近のブログの内容は姑の認知から免許返納までを書いています。
ですが、なかなか話が先に進みませんね(^_^;)

それだけ認知に関して沢山の事が絡んでくるってことです。
前回は姑の目先を変えて電動自転車を購入予定でしたが乗れなかった事をブログにしました。

年寄りの免許返納★80才の姑の免許返納までの道のり~その3

今日は、その後です。
もちろん姑は🚗車を手放したくありません!
毎日毎日、舅に文句を浴びせるように言い続けたようですが、今回は舅は引き下がりませんでした。
うちの旦那さんも、そうです。

車の返納を!って考えたら、絶対に妥協して先に延ばしちゃダメです。
文句言えば先延ばしにしてもらえる!という事を姑の脳に植え付けない為です。

とにかく、なんとしても車の返納返納だけは絶対する!!そういう折れない気持ちが大前提です。
そして早々と車屋さんに手配して、車を処分してしまいましょう。

認知ですから、自分が納得した事も忘れて怒ります。
でも、我慢です。
あなたの為なんです!!すべて、あなたの為です!
と繰り返し、返納する事が良い事を伝えました。
免許返納の日を何度も繰り返し姑に伝えて認識させます。

そのせいでしょうか…。
病院で今日の日付は?って聞かれたら『昭和』から始まり車と免許の返納日を答えました。
それくらい頭の中は、車が運転できない事でイッパイなんですね。

免許返納は警察と免許センターで出来ます

免許返納は、この2箇所でできます。
手続きに費用もかかります。
費用が1000円。そして認め印が必要です。

免許は証明書代わりに使えましたが、無くなると免許に代わる物を発行してもらえます。
警察署では2週間くらいかかり、免許センターだと その場でもらえます。
警察署だと後で送って貰わないといけないので別途800円かかりました。
そして申請用写真(3×2.4cm)が必要なので事前に撮っておかないとダメですね。

証明書の発行を希望しないなら費用はかからないです。
だけどタクシーを利用する時に、その証明書があれば割引になるとか…。
なので義両親は証明書を取ることにしました。

皆さんも考えちゃうと思いますが、免許返納した後どうするの?
買い物は?どうなの?と思いません?

これね、そんなに心配しなくても大丈夫です。
それはネットにも書いてありましたが、無ければ無いで何かしら動くし考えて なんとかなるもんです。
最初は『本当か?』と疑心暗鬼でしたが、なんとかなってますもん。

なので、車を取り上げたら買い物は?病院は?と考えてしまいますが、それは その時に考える事にしても大丈夫そうです。

まぁ、これはあくまで我が家の場合はそうなので全てに当てはまるとは言いませんが。

さて、車の免許返納して車を処分しましたが それで義母は落ち着いたのでしょうか?

答えはNOです(―Д―)

毎日毎日、朝から晩まで自分の夫である舅を責め立てています。
近所の人が車買うらしいから、今まで乗ってた車を買うことにした!
車の免許を取りに行く!買いに行く!などなど終わりません。

ですが病院でも認知症と診断されています。

道路交通法では、75歳以上の高齢ドライバーが認知症だと診断されると、免許証は停止または取り消しされることになっています。

さて、いい加減 舅も責め立てられる事に疲れてきたようです。

まだまだ、この車問題続きそうですよ。

 - 未分類 , , , ,