自分が納得する結果じゃないと受け入れられない★我が家の満点ケーキ

      2020/07/17

みなさん おはようございます

今日は前回の筋トレのオススメ動画のブログ最後に書いたように、筋トレのモチベーションを上げた本に関して書こうと思っていました。

ですが、ちょっと家族の事で感じた事があったので その事についてブログに残しておこうと思います。

我が家の一番下の娘は高校2年生になりました。
そして最近テストが学校でありましたよ。
期末考査だったみたいで、普段勉強姿を見た事ないですがチラホラと見る事が多くありました(笑)

娘がテスト結果を持って帰って見せました

テストの返却があったのですが本人が言うんですね…。
『ママ~、ビジネス文章の点数、速度が100点と文章が98点とあって その素点が99点だったんよぉ。いちを100点は取ってるからケーキ駄目かなぁ~』って。

このケーキ!どういう意味かというと…。

我が家では中学の時から100点を大きなテストで取った場合は、何の教科であってもホールのケーキを買ってあげる!というのがあります。
今まで子ども達も数回ですが、満点ケーキを食べています。

でも、まだ高校2年生の娘は満点を出した事がないんですね。
それで今回この速度で100点を取ったので言ってきた訳です。

私は別にイイんじゃない?だって1つは100点だし!💯って思ったんですけど、いちを主人にも聞いてみる事に。

主人は『速度は100点、文章は98点、二つの素点が99点だから満点ではない』と答えが返ってきました。
ガッカリするだろうなぁ~と思った私に 旦那さんは
『でも食べたいのならば、惜しかったね!ってケーキ買ってあげれば?!』と言ってくれました。

私、基本的に子供に過保護な母親なんです(ノ∀`)アチャー
下の娘が赤ちゃんの時は、夜中に起きるのが待ち遠しくて起きるのを 今か今かと待ってたくらいなんで(笑)

なので娘が旦那さんに『満点ケーキは無理だね』って言われてる後に『満点ケーキのホールケーキではないけど、惜しかったって事でカットケーキ買ってこよーね』と言いました。

そしたら娘の返答は…

『いや、いい!』でした。(´・ω・`)ショボーン

私の中ではケーキで喜ぶかなぁ~と思ってたけれど、娘は自分の中でもモヤモヤした感情があったようで、満点ではないって旦那の言葉をシッカリ受け止めたようです。

旦那さんは『いいよ?!100点って事で満点ケーキにしても』って言ってました。
でも本人も、やはり査定での99点ってところが引っかかっていてようです

心の中で少し引っかかりがあったから素直に喜べない…。
私より大人ですよね!?(ノ∀`)アチャー

いつまでも子供だと思っていたけれど、心も成長してるんだなぁ~と嬉しくも想い
そして大人になってるんだなぁ~と淋しくも想った一瞬でした。

物だけではなく、自分の中でも納得する答えがプラスされないと喜べなかったんですね。

確かにそうですよね…。
きちんと頑張って手に入れた評価じゃないと意味ないですから。
でも、これって大人になると忘れちゃう人多いですねー。
肩書きが立派であれば 中身が違ってても良いって考えが増えてきてるように思います。
資格もしかり…何歳になっても努力と勉強して精進せねば!!

自分に恥じない肩書きで頑張るぜい!!と思えた母なのでありました。
こういう気持ち、忘れたくないものです!

 - pikaさんの日常 , ,