作品の評価★製菓・製パン祭に行ってきました

   

みなさん おはようございます

昨日は広島市内である『第19回製菓・製パン祭』に行ってきました。
一昨年、昨年と続いて今年も行ってきたんですよ😊
何故かって?!そりゃ娘が入学する時、一年の時、そして今回最後の2年生だからです。

確か、娘が入学する年や1年生の製菓・製パン祭の事をブログにしてましたね。

コンテストに共通のものを見た!★広島製菓専門学校さんの製菓製パン祭に行ってみたよ

簡単に出来る事でも突き詰めると、とても難しい★お菓子の技術マジパンとパイピング

娘は今年卒業なので、また違った気持ちで見る事が出来たかもしれません。

今年も沢山の生徒さんの力作が出てましたよ⤴⤴

pikaはバルーンアーティストです。
同じようにコンテストや試験などもあります。
試験で言えば、CBA(世界公認バルーンアーティスト)があります。

色の相性、色のバランス、作品のバランス、またバルーンで言えば きちんと基礎的な部分が出来ているのかを実技や口頭で試験を受けました。

またバルーン業界でもコンテストもあります。
バルーンの専門家が採点する他、一般の方々の投票もあります。

毎年ある、この製菓・製パン祭も生徒さんの作品が並んでいて一般の方々に投票してもらうようになっています。
バルーンの作品に通じる物があり、作品を見るのが楽しみになっています😊

私もバランス、配置、色合いなど専門的な部分を見ながら投票させて頂きました。
きっと自分が色や物のバランスや配色の勉強をしていなければ分からないところも、今は分かるようになっています。
また、娘から製菓の話をよく聞いていたので『あ、ここ指が当たっちゃったんだねー』とか細かいトコまで見れるようになりました。
どれも細かくて素敵な作品が沢山でしたよ⤴

写真は先生方の作品⤴⤴亀が可愛かった♥

今年の娘の作品に対して思ったこと

作品で一番数多くあるのがマジパンの作品です。
今年、娘も悩んでいましたが 去年のような情熱を本人から感じませんでしたねぇ…。
色のバランスが悪かったのとフォーカルポイントがなくて、最初の目の行き場に困ってしまいました💧
やはり就職先も決まり、気が抜けたのかもしれませんね(^_^;)

全員参加の作品作りだったみたいで、普通のコンテストのように『コンテストに出したいから!』って気持ちでは無かったのかもしれません。
その時によって、コンテストに出したい時 出したくない時ってありますもんね。

さて、そんな帰り道。
旦那さんが『あ!!娘ちゃんの作品見てないかも!!投票してやれば良かった』と。
(∀`*)ゞイヤァ 旦那さんを一喝してしまいました(笑)
『あの作品に、私は投票してないよ!』『良い作品に投票しなきゃ』

旦那さん曰わく『身内票もあると思うしさぁ~』。
ちょっとした祭の中のコンテストだから良いんじゃない?
後、1票も無かったら本人がショックを受けるんじゃないかとも思ったようです。

分かります!メッチャ気持ち分かります!
私も良い作品ならば票を入れてあげたかったですもん。
父親ならば、娘のために思っちゃいますよね。

だけど、それやっちゃダメでぇーーーーす(笑)
コンテストは人間が決める事なので、その人の好みが凄く左右すると思います。
でも、身内って理由で投票しちゃイカンでしょーが!!(笑)

コンテストの在り方を旦那さんに説明しながら帰りました🚗
娘の為に、チョッピリって思ったんでしょうね( ´艸`)

 - pikaさんの日常 ,