【広島】宇品でバルーンリリース★イベントを成功させるには?!

   

みなさん おはようございます

12月の忙しい連日が昨日終わりました。
何となく気が抜けそうです(笑)
それだけ感動する中身の濃い12月を過ごす事が出来ました⤴

一昨日の土曜日、広島で初めての『フライングランタン』の演出をマリエール広島さんで行いました。
初めての演出でドキドキ💓して緊張しましたねぇ(笑)
これにも、凄く感動しました😊

そして、翌日の昨日は宇品で『バルーンナイト』を行いました。

宇品のクリスマスチャリティーバルーンナイトまでの道のり

本当は7月7日『七夕バルーンナイトin宇品』と言うイベントで準備していたものです。
それが、広島はイベント前日の6日に豪雨により被害がありました。
それで中止になったイベントでした。
今回バルーンを飛ばした宇品も、被害に遭った地域です。

イベントを主催している方々は、災害のボランティアをさせて頂いたり復興に頑張っていました。
pikaも災害地で復興のボランティアをさせて頂いた事もあります。

その災害地での復興を通じて、あの日出来なかったイベントに再びスポットを当てる時が来ました。
連絡があり、12月23日にバルーンリリースして欲しいと再度依頼があったのです。

1000個の風船をリリースし、LED照明で照らす。
「災害の記憶が薄れる前に、みんなで復興の願いを込めて風船を飛ばそう』
そんな想いで12月23日『クリスマスチャリティバルーンナイト』として再チャレンジとなりました。

今回のイベントの為に集まってくれた人達

今回のイベント、実はFacebookでシェアしておりました。
pikaのカルチャー教室の生徒さんもFacebookを見ています。
そしたら連絡があり『手伝わせて欲しい』と言われました。
他にも仲良くしているFacebookのお友達からも手伝いの連絡がありました。
有り難いことですm(__)m

昨日のブログにも書きましたが『イベントは皆の協力なくしては出来ないもの』ですね☘️
だって1000個のリリースをするのは、小雨の降る寒い日でも、宇品に来てくれる参加者の方々が居ないと出来ません!
来てくれないと出来ない事なんです!!

また、このイベントを成功させる為に沢山の方々が動いてくださってます。
例えば1000個のリリースを真っ暗な中でする。
見えませんがな!!普通ならね。
これをステージユニオンさんの沢山のスタッフの方々が照明を動かして、皆さんのリリースしたバルーンを遠くまで追い掛けてくれました。

なので遠くまでハッキリ1000個のバルーンが見えて凄く綺麗⤴⤴
リリースの瞬間は自然に拍手が起こるほどでした👏👏👏
そして周りからは小さな子供の声で『すごーーーーい』とか
帰りながら大人の声で『きれーーーーい』とか口々に言われていました。
『涙が出そうになりました』そういう感想を頂いたりもしました。
動画を観たら、そう言うのも頷けますよ(^_-)-☆

このリリースをする前の段階のLEDの照明前には、沢山の方々が集まってました。
また本格的なカメラや三脚を持って来てくれた方々も沢山見かけました。
これは、このイベントの広告に『究極のインスタ映え』と書かれていた効果もあったのかもしれませんね。

今流行りのカメラ女子も沢山見かけましたよ(^_-)-☆

今回1000個のバルーン、参加者が無かったら1人2個とか3個持たないといけないかも…と心配してましたが1000個が足りないくらいでした。
足らなくて貰えなかった方々も居たので、きっと運営サイドが反省点として更に良いものとして行く事と思います。

イベントを成功させるには、主催者の諦めない情熱!
そして、それを支える沢山の協力者!
最後に、それに参加する方々で成り立っているんだなぁ~と、またまた強く感じる出来事でした。

ありがとうございましたm(__)m

 - イベント