広島の商売の神様の祭『えびす講』に生まれて初めて行ってきました!

   

みなさん こんにちは

先ほど、『人生初めて体験』をしてきたpikaでございます。
きっと生まれも育ちも広島の人ならば、そんな事無いと思うのですが…。

私、生まれも育ちも『島根県益田市』なのです⤴⤴
なので、一度も広島の『えびす講』に行った事がありませんでした。

えびす講ってなんでしょね?

「胡子(えびす)講」は、毎年11月に中区胡町にある胡子神社で開催される秋季大祭です。

広島に冬の訪れを告げる祭りで、地元では「えべっさん」とも呼ばれ、商売繁盛の守り神です。

神社付近の商店街では、「誓文払い(せいもんばらい)」の大売出しが行われ、福娘の3人が祭りを盛り上げます。

また、大判・小判、宝船などを飾りつけた縁起物の「こまざらえ(竹のくま手)」を商売繁盛を願う人々が買っていきます。

私が行かなかった理由の1つは、商売の神様と聞いていていましたが『こまざらえ』を貰うまでもないような個人商売的な感覚だったからです(^_^;)

ですが、広島に引っ越しして16年弱。
まだ島根県に居た人生が長い訳ですが、初めて商売の神様の祭りに行ってみることにしました。

広島でバルーンのお仕事をさせてもらい、有り難いことに企業さま、個人の方々から お仕事の依頼頂けるようになりました。
その感謝の気持ちもあって、広島の商売の神様にお礼も兼ねて商売繁盛を祈願してこようかと( ´艸`)

憧れの『こまざらえ』

広島に来て、お店に行くと大きな熊手『こまざらえ』が置いてあります。
メッチャ沢山の飾りが付いてて重そうな感じのを見たことあります。
何万円もするとか…💧
古くからある店で繁盛店にはメッチャ大きな物が飾ってあります。

その、こまざらえを見た時に『うちは、まだまだ買える商売じゃないしなぁ~。でも、いつかきっと!』と思ってました。

大きな立派な こまざらえしか見た事なかった私でしたが、たまたまバルーンフラワー教室の生徒さんの店で30センチ位の物を見つけました。

聞いてみたら、色んなサイズがあるとのこと。
自分の、その年の儲けに対して皆さん買ってると聞きました。

そうなのか!!じゃあ、絶対今年は買う!!
と、その時に思いました。

行ってみたよ初めての『えびす講』

お祭りみたいに屋台が出てるんですが、胡子神社に近くなるにつれて 屋台に『こまざらえ』が沢山ある屋台が増えます。
初めて買うって事で、お店の方がサービスしてくれました😊

ここで紙に『からふる工房』と書いて こまざらえに付けてもらいました。
そして、祈祷してもらう為に胡子神社にLet’s go🏃🏃

初めての事だらけで、ドキドキ💓しましたが、祈祷の列は少なくて 御朱印の列がメッチャ長かったです💧

ここで、木の札に名前を書いてもらいます。
こまざらえの大きさに合わせて祈祷料が違います。
壁には色んな大きさの こまざらえと祈祷料が分かるようにしてあります。
pikaの こまざらえは小さめなので祈祷料1000円でした😊
ちゃんと領収書もくれます(笑)

祈祷料を渡して領収書を受け取ったら、こまざらえ渡し場で自分の名前が呼ばれるまで待ちます。

この渡し場の横に、実は おみくじあるんです。
大当たりの番号があったりするんですよ( ´艸`)
一緒に行った旦那さんが『引いてみたら?』と言うので、引いてみました。

大吉 しかも 大当たりの番号

おみくじを読んでみると『仲間を大切に感謝する』みたいな内容でした。
来年は更に大きな こまざらえを買えるように頑張ります!!

商売をされてる方!一度こまざらえ買うと、来年は更にデカいの買うぞーーー💪って気持ちで持って帰れますよ( ´艸`)

 - pikaさんの日常