【広島】安佐南区でヘアドネーション★娘の初めてのヘアドネーション

   

みなさん おはようございます😊

今日は青空の綺麗な天気ですね☘️
テンションも上がりそうです⤴⤴
でも、また新たな台風が向かってるとか…(-_- )
今年は本当に雨の多い年ですね…。

さて、今日はブログタイトルにあるように娘のヘアドネーションの話したいと思います。
ヘアドネーションって知ってます?
私も最初知らなかった言葉です。

ヘアドネーションって何だろな?

ヘアドネーション(英: Hair Donation)とは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動。

毎度のWikipediaさんが教えてくれました。

娘は日本舞踊をしてまして、ずっと髪の毛を切っておりませんでした。
その一番下の娘が今回髪の毛をバッサリ切ったんです!

中学生の娘がヘアドネーションしたい!と想ったキッカケとは

娘は髪の毛がストレートで癖がないんです。
学校でも周りに髪の毛の綺麗さを褒められるくらい。
日本舞踊をしている関係で、何度か娘の髪の毛を日本髪に結いましたが本当に綺麗なストレートなんです☘️

その時に、たまたま私が『綺麗な髪じゃね、寄付したら?』と言ったらしいです。
その頃の私は動画をよく観てまして、海外のヘアドネーションの話を記事で読んだりしていた頃です。
私自身の髪の毛はストレートですが、白髪染めをしてるので痛んでます💧
ヘアドネーションするならばストレートの綺麗な髪の毛って印象があったの、その言葉が出たんでしょうね。

あまり知られてないヘアドネーションですが、女の子には やはり長い髪が人気だそうです。
でも、なかなか髪の毛伸ばすのって大変ですよね💧

ヘアドネーションでカツラを作るのに髪の毛の長さが30センチないとダメみたいです。
そして1つのカツラが完成するのに30人分の髪の毛が必要になります
でも、なかなかロングの髪の毛30センチ切るとなると、結構伸ばすの大変そうでしたね💧
これは女性ならば分かりますね。

今回カットしたところは安佐南区の下祇園駅近くのitto(イット)・hairさんです。

でわ、どんな感じか見て見ましょう。
ネットで予約してから、お店に行きます。
お店に行くと、髪の毛を寄付するにあたり書類を記入します。
この用紙↓

こちらの美容室ittoさんは、ヘアドネーション賛同サロンさんです。
ヘアドネーションするならば、安心できますよね😊
店頭にもステッカーが貼られていました。
JHD&Cとは

JHD&Cは、寄付された髪だけで作ったメディカル・ウィッグを頭髪に悩みを抱える18歳以下の子どもたちに完全無償提供している日本で唯一のNPO法人です。

ホームページには、ヘアドネーションの流れが書いてあります。

ヘアドネーションするにあたって、綺麗に分けて縛ります。

最初のカットは、本人!!
結構固くて苦労してます(^_^;)

持たせて貰いましたが、結構重みを感じます。
(この髪の毛が誰かの幸せな笑顔になるんだね)
なんて心の中で想いました。
私の髪の毛じゃないんですけどね(^_^;)

バッサリと短くなっちゃいました!

そして最後は綺麗にカットしてもらいました😊
短くなって娘は『頭が軽いぃ~』と頭を振ってました( ´艸`)

今回、よく何年間も伸ばしたね!
アトピーで指先の切れた娘の代わりに、髪の毛を洗ってあげた事もあった 思い出深い髪の毛です。
誰かの笑顔の手伝いが出来るなんて!とっても素敵⤴⤴

まだまだ皆さんに知って欲しくて、小さな子でも誰かの笑顔の手伝いができる素敵なヘアドネーション。
そのお話をブログにしてみました。

 - pikaさんの日常