【広島】保育園で使った卒園式バルーン装飾を、入園式用の飾りに変えてみたよ★二度おいしいね!

   

みなさん こんにちは

ここのところ色んな事をしていてバタバタしておりました💦
考えてみると、こういう出だしてブログ更新してることばかりですね(^_^;)

365日毎日ブログを更新していた時は、メッチャ忙しくても更新していたのに そういう状況じゃなくなったら甘えが出てしまうようです💧

なので少しずつでも更新していくつもりです😄

保育園の卒園式で『テーマ』をもらいます

私のバルーンでの仕事は、ほとんどそうなのですが提案をします。
その為に『ねらい』『テーマ』などを聞いたりする事が多いです。
ただ飾るよりも、意味のある飾りの方が写真に残した時に記憶として色々な事が思い出されるからです。

なので今年も保育園さんに事前に何を『テーマ』に装飾するのかお聞きしました。
保育園さんなので一年間を通じて子供たちが頑張った事。
力を入れて練習した事、また子供たちの思い出に深く残っている事、そういう事などをお聞きしてデザインを考えて装飾します。

八千代南保育園さんの今年のテーマは『金のがちょう』

今年は園児たちは劇をしたようです。
『金のがちょう』という話を劇にしたと聞きました。
私、話の内容忘れてたんですね💧
なので、もう一度どういう話だったのか調べました。

子供たちは『金のがちょう』にちなんで、積み木で城を作るんだとか…。
それを聞いたときに、アーチから花畑や城が見えるデザインが浮かびました。
城の城門のようなアーチ、門を守る兵隊さん、男の子と王女さま。
最終的に色々な提案から、金のがちょうの主人公の男の子と、お姫様を作ることになりました。

一番トップの画像になってるのは、私がイメージを先生にお伝えした『子供たちが作った城と花が、入退場の場から見えるデザイン』場面です。

完成した時に、先生方も とても喜んでおられました。

刈田保育園さんのテーマは『ミッキー』でした

この保育園さんは園児が『ミッキーマーチ』を、かなり練習したとのこと。
子供たちの中に深く『ミッキー』が残っている年だったようです。
ミッキーと聞いたときに、直ぐに耳付きのアーチが頭に浮かびました。
海外の方の作られたアーチのデザインの中で、よく耳付きのアーチを見かける事があって、日本でも作りたいなぁ~と思っていました。

なので今回この耳付きアーチにしました。

卒園式と、入園式のような保護者の方々の参加する時に使いたいとの話もありました。
なので、卒園式が終わった後にデザインをミニーに変更することにしました。
ミニーにすると、また雰囲気が変わりましたね( ´艸`)

以前も卒園式のデザインから、入園式用の装飾に少し手を加えて変更したことがありました。

ほんの少し飾っている物を変えるだけで、雰囲気が また違ったものに感じませんか?
このように『テーマ』を持った装飾に少し手を加えて、二度おいしい装飾に変えることが出来るんですよ。

日付が ある程度近い場合は、こういう事も出来るので装飾の時に伝えてみるのも良いかもしれませんね😄😄

 - イベント