家の壁の塗り替え★言葉で言ったら簡単だけど、実は簡単じゃなかったよ💧

   

みなさん こんばんわ

なんだか、本当に お久しぶりなブログの更新ですね💧
最近は嬉しいことにバタバタしてます💦

そして、3月に我が家は屋根をオールアルミにし壁の塗り替えをしました。
今回、屋根が終わった後に 壁の塗り替えもしたのでブログにしたいと思います。

私、壁の塗り替えを簡単に考えておりました

そうなんですよー💦
『壁の塗り替え』と聞くと、壁塗って終わりでしょう?!って思いません?
それがね、違うんですよ。

特に我が家は『光触媒』の塗料にした為に 余計に時間がかかってます。
かかるにしても、工程を毎日見ておりましたが多かったです💦
こんなにかかるとは正直思っていませんでした。

覚えている限り書きたいと思います(笑)
結構、お菓子を出したりする時に職人さんに話を伺ったりしてましたので詳しく書けそうです( ´艸`)

まず『光触媒』って何じゃらほい?ってことで!
いつものごとく検索してみましたよ。
引用しますね⤴⤴

汚れが非常に付きにくい
汚れを浮かせ、洗い流すいわば「自動お掃除」性能
カビ・藻が発生しにくい
耐用年数が長い(20年)
空気を浄化する
臭いを分解する
環境に優しい
遮熱効果もある

ですが、全ての物にメリットばかりはありません!
デメリットも引用してみましょう。

まだまだ施工価格が高い
塗る人により性能差が生じるサビには効果が無い
壁内からの汚れには対応できない
光が当たらないところは性能が発揮できない
(隣接する建物の距離が1メートル以下の場所は×)
雨水が当たりにくい箇所は汚れを自然に洗い流す事はできない
無機質系の汚れ(土砂など)は分解できない

でわ、最初にした工程としては…

まず洗浄は2度してもらいました。
これは1度目に、屋根だけという話にしていたので細かいところまで丁寧には落としてないんです。
2回目に洗浄した時には、今までよりも綺麗に丁寧に高圧洗浄機で汚れや苔などを落としてくれました。

まぁ、ここまでならば分かりますよね😁
ここから塗料を塗るのかと思いきや…

何やらテープで窓枠やら色んな部分に目張り?を貼ってます。
どうも聞いてみたら板と板の間とかにシリコンが入ってるんですが、それも劣化してるので新しくするみたい💦
なのでマスキングテープを貼られてるみたい。
なるほどねーと写真撮ってみる(笑)

お陰で汚くなっていたシリコン部分は真っ白に⤴⤴⤴

そして、家には色んな物が取り付けられてますよね?
たとえばドアのピンポンを押すチャイムとか、電気とかね。
そういう物は接着をゴリゴリ外してましたよ💦

勿論、雨樋とかも全て外したりしてました。
壁を塗るために、取り付けてある物を外さなきゃなんで大変ですよね💧

さぁ~今度こそ青色の塗料を塗るんだね!!って思ったら、まだ塗らないの😩😩😩😩
今度は、塗料を吸着させるような液体を塗るとか…。
透明の液体を職人さんがローラーで塗ってましたね。
余談ですが、塗っている職人さんは『リリーフランキー』さんにソックリでした( ´艸`)

言いたい事ってソコ!!(笑)
でも本人か?って思ったくらい似てました。

まぁ、そこは置いといて…。
我が家の場合はカントリー調にしてあるので、木材っぽく凸凹が凄いんです💦
刷毛やローラーで塗っても、凸凹が多いので塗れない部分が出ちゃう。
なので凄く時間がかかるみたいでした。
申し訳ない💧

ここで、やっと塗装✨✨
我が家はブルーの家なんです!!
当初は、もっと濃いブルーの家になる予定でした。
家を建てた時、塗装する前に色の確認の為に見せてくださるとの話をトータテさんから聞いてましたが、夕方来てみると思ったよりも明るめのブルーの家が建ってました(笑)

なので、今回は当初からしたかった濃いブルーに塗って頂きました。

上の壁面と比べると、かなり濃いめです✨✨
やっと最初の念願だった理想の家の色になりました⤴⤴⤴

が!塗ったのに、また塗るって言うんですね(O_O)
ありがたいけれど、2回も塗るんだね(^_^;)
そりゃ大変ですわ。

そして2度塗って完成✨✨

と、ちょっと待ったぁーーーー

ここで今度は光触媒という物を塗るそうです。
なんだかメッチャ時間かかるんですね💧
もっと壁の塗り替えって簡単に考えてたけれど、そんなもんじゃないんですね。

バルーンもそうですが、簡単に見えて実は結構手間がかかってる事があります。
それって専門の人じゃないと分からないですよね。

何にしても、物事には時間がかかるんだと改めて感じました。

そんな我が家の壁の塗り替えは、『なごみのくに』さんにやってもらいました👏👏

とっても丁寧で、終わった後も掃除やチェックに何度か足を運んでくれました。
ありがとうございました。

大切な家ですもん✨
信頼できる業者さんに頼みたいものですね。

 - pikaさんの日常