実家に、ほとんど帰らない私★オバサンの私ですが、いつまで経っても子供扱いでした

   

みなさん こんにちは

今日は、私が広島に引っ越ししてから普段は あまり関わりがなくなってしまった、益田に住む私の両親の話をしたいと思います。

何故このタイミングで?と思うかもですが、
この間ハロウィンイベントで益田に行った時に実家に寄る機会がありまして
色々と感じるものがありました。

自分が大きくなって母になり、だんだんと実家に戻ることがなくなってしまったけれど…。
今回、私のいきなりの電話のお願いにも関わらず
夜遅くまで起きて 色々してくれた両親。
改めて想うことがありました。

実はpikaは正月も、お盆も実家には帰省しません

そうなんです。
私、本当に実家に行かない人なんです。
仕事が土日が多かったりするせいもあるんですが、仕事以外で県外に泊まる事に慣れてない感じなんです(^_^;)
子供を置いていくと、特に気になって早く帰ろうと思ってしまいます。
だから実家に行ったとしても、泊まって帰るなんて事は絶対にないです。
意地でも広島に帰って来ちゃいます(笑)

今回のハロウィンイベントで実家に急遽行くことに

今回ハロウィンイベントで雨に濡れたので、お風呂に入らせて欲しいと実家に電話しました。
そしたら帰りを待っててくれて、お風呂には新しく入れ直したであろう綺麗な温かいお湯が。
娘と『ホントに温まるね!』なんて言いながら2人で入り、顔のゾンビメイクをシッカリ落としてやりました(笑)

両親に気を遣わせちゃったなぁ…とか
来る予定じゃなかったのに、いきなりだったからなぁ…とか
そんな事を考えながら、お風呂から上がると 両親から
『来るなら、もっと早く言ってくれてたら果物を持って帰れるように残しておいたのに』
と言われました。

そして、『夕飯、食べて帰りんさい』と次から次へと食べ物を出してきます。
その時に思いましたね。
『あぁ~うちの旦那さんが実家に戻った時に太るのは、こうやって両親から次から次へと料理出されたからだ』って。

座ってると、どんどん目の前に食事が出される状態に
私って何歳になっても子供なんだろうなぁ~と思いましたね(笑)

私も確かに同じ事しちゃうんですよ。
関東に仕事で出ている息子が規制すると、何か食べたい物はないか・・・トカ。
帰る時に色々持たせてやろうトカ。
あれも、これも、あれば色んな物を目の前に並べちゃうんですよね。
だから同じなんですね。
自分が親の立場なので気が付きませんでした(笑)

帰る時も、ドッサリと果物を持たせてくれたり
お菓子を大きな袋に沢山詰めて持たせてくれました。
そして、遅くまで起きていてくれて 玄関の外まで二人して送ってくれ
「帰ったら必ず連絡するんよ!車が通らんトコで仮眠しちゃいけんよ」など
色々と言われて帰りました。

うちは、もう充分大人のオバサンじゃ!!って思ったけれど
親にとっては、何歳のオバチャンでも子供なんですね(笑)
その気持ちを自分も感じ取る事が出来て、なんだか温かい気持ちで帰ることが出来ました。

お父ちゃん、お母ちゃん、ありがとう

 - pikaさんの日常, その他