世の旦那様へ★優しい奥さん、優しいママになってもらうには?!主婦の気持ち

      2017/10/12

みなさん こんばんわ

野村昌子着ぐるみセミナーが無事終わり、ボケーッとする暇もなく今日もお仕事です。
自分の方の2件の仕事を終えて、泊まりがけでのヘルプの仕事をしに酔っ払いTラビット菊池と一緒です!
まだ飲んでません!だって未だに作業してるんですからぁ~。
そして未だにクイックリンク繋げる日々です(笑)


さて、そんなバルーンのお仕事をしているpikaですが よく出張に行きます。
よく土日に家を留守にします。
今日もですね(笑)
帰りが凄く遅くなることも多いです。

状況を考えると、とても良い主婦をしているように見えませんねぇ( ´艸`)
我が家では子供たちがバルーンの仕事に行く私をサポートしてくれてます。
そして旦那さんの理解と協力で、大好きなバルーンの仕事を続ける事が出来ています。
いつも旦那さんには言葉で伝えます『今日も色々と、ありがとう。あなたの理解が無ければ仕事に行けないからね』って。
そして子供たちにも、感謝の言葉は忘れません。
本当に家族の理解の上での仕事と言えます。

さて、今日のブログは何を言いたいかといいますと…。

セミナーの時に、同じ主婦という立場の女性から同じような事を考えて悩んでる方々が居るってことです。

そこで、それを乗り越えてきた私が、家庭での大黒柱である旦那様に奥様の気持ちをチョッピリ理解して頂きたいと思いブログにしてみました。

バルーン業界の色んな人たち

バルーン業界は趣味でされてる方、ボランティアさん、バルーンを始めて経験の浅い方、バルーンアーティストとして活躍されてる方と様々な方々が居られます。

趣味だとしてもボランティアだとしても人間には向上心や探求心があります。
上手くなりたい!もっと色んな事を知りたい!
そんな気持ちは誰にもありますよね。

まして主婦が風船の練習会やセミナーに参加したいと伝えても、風船は遊び感覚で捉えられるので、将来何かになりたくて練習に参加してるのか、目的も見えてこないですよね
そうすると、旦那さんもイマイチそこが見えなく、遊び感覚の捉え方をしてしまいます。

趣味だから勉強しなくてもイイだろう…。
どうせボランティアだから上手くなくても、この程度でイイだろう…。
奥様は、そうは想ってないと思います。
趣味でも上手くなる為に練習したりしますから。
でも、なかなか目に見えない楽しみの為って言われても分かりにくいとこがありますね。

でも同じよう趣味を持ってる人達と会って話すると本当に楽しいんです。

でも、なかなか練習しに出掛けようと思っても、家庭の事や子供の事を考えると出掛けにくいんです。
でもね、勉強したいんですよ!本当は!
ただ主婦してる状況で言い出しにくいんです。

私の数年前の状況や想い

私は子供が5人居ります。
日々の子育てに追われながら想いましたよ。

『毎日、子育て、洗濯、掃除、料理、私は一生このままなんじゃないか…』

凄く焦りましたし、悩みました。
子育てを一生懸命して、それで子供から手が離れた自分には何が残るんだろうか…。
毎日働いてる旦那さんには凄く感謝してるんです。
でも、子供の事で1日が終わります。

子供は待ってくれません。
トイレにも泣きながらついてきます。
なので扉を開けてトイレに入る癖が、なかなか抜けませんでした(笑)
どこに行くのか行動が分からないので、絶えず子供を見てなくてはいけません。
怪我をするかもしれないから目が離せません。
これはズットです。

主婦にユックリした時間や、たった1人でボケーッとする時間はないんです。
子供が寝てる時に寝れば良いだろう…。
そう思いますよね?
その間に料理や洗濯など家庭の用事を済ませたりするんです。

何もしてないように見える主婦ですが、実は心が休まる時間はないです。

奥様に最高のプレゼントとは

そんな育児中の奥様に年に数回、完全な休日をプレゼントしてみてはどうでしょう?
子供や家庭から切り離された時間をプレゼントするんです。
メッチャ喜ばれますよ。

そして帰ってきた奥様は、旦那さんに凄く感謝するだろうし
子供にイライラせず優しいママになれると思うんです。

優しい奥様、優しいお母さん、それは少しの完全な休日をプレゼントすれば良いだけなんです。

そう思ったバルーンセミナー中での雑談の中で感じた事でした。

 - 未分類