広島市でバルーン配り(グリーティング)★住宅展示場やイベントの販売促進で使い分けてること

   

みなさん おはようございます

この間のバルーンフラワー教室の後のランチは
バルーン関係者の方々と色々と楽しく話をしました✨

イベントの話、グリーティングと呼ばれるバルーン配りの話、企画の話、様々な話が出来て楽しかったです。

ランチを一緒にした方の中に以前バルーングリーティングの話を下さった方が居ました。
そこで私がイベントでバルーン配りをする時に、その方にした質問の話が出たので、
今回それを記事にしてみました。

私のグリーティングの様子を記事にしてるブログもあるので様子が分かるかもですね。

子供が喜ぶバルーングリーティングとは?★広島のバルーンアーティストpikaの考え

私がお願いされたバルーン配りで質問した内容とは

依頼されたのは住宅展示場でのバルーン配りでした。
依頼されて、私が質問した内容は
『どれぐらいのレベルのもので?』でした。

これって人によって受け取り方が違うようなんです。
依頼する側、される側ですね。

依頼する側と依頼された側の捉え方の違い

その時の依頼で、私が聞いた『レベル』ですが、私的にはどの作品レベルを捻れば良いのかでした。

依頼する側の方のレベルとはグリーティングで作品のレベルを聞いているのではなく、バルーン配布する時のコミュニケーション能力みたいなところ
きちんと、お客さまとコミュニケーションを取りながら捻っているか等々
捻る作品ではなく、コミュニケーションの方重視。

なるほどなぁ~と思いました。
色んな作品をガッツリ捻ってると、ついつい作品そのものの事を聞いてしまいます。

そこで、私が どんな風にバルーン配りグリーティングを使い分けているのか、私のスタイルを書いてみたいと思います。

私のバルーン配りのスタイル

私のバルーン配りをする時のスタイルですが
アイキャッチの為に、クラウンメイクをしています。
ですが、バルーンショーの時みたいにガッツリではなく
口の周りと赤い鼻、そしてトレードマークの赤いカウボーイハットです。

そして、目的によって作る作品を変えています。

・一本で、なるべく早く配る時
・アンケートなど取りたいので、少し時間のかかる物を配って欲しい時
・子供さんの相手をして欲しい時

その状況で作品は全て変えてます。

私の場合は、お店の呼び込みや お客さんの誘導などイベントの配置も全て聞いて お客さんを流すようにしています。

この間の携帯の販売促進で呼ばれたイベントでは体験のとこへの誘導、使ってる機種、その携帯の売り込み等々も一緒にしてチケットを配り お客さんの呼び込みもしてました。

私、お喋りが好きなので、どんどん話しかけちゃいます( ´艸`)
そして、ピエロの格好した人がチケット配ったり呼び込みしてるので目立ちますね(笑)

私をバルーン配り(グリーティング)で呼んで下さる場合

どういうイベントでの仕事なのか。
どういう働きをしたら良いのか。
イベントするのに試食、景品やビンゴなどゲームコーナーがあるのか。
などなど細かく教えて頂けるとシッカリ動けます!

そして私、子供大好きで子沢山ママなので子供さんの対応は心配いりませんよ(*^_^*)
逆に、子供ちゃんを つつかせてください!!
毎回それでパワーもらってます⤴⤴

 - イベント, クラウン(バルーン ピエロ)