私の実家は島根県の益田市です★避難の判断って難しいですよね

   

みなさん こんにちは

今日も、ここ広島では雨が酷く避難勧告などもありました。

私の実家は島根県の益田市にあります。
そうなんです!今朝のニュースで、やたらと名前が出てましたね…。
そこの出身なので、かなり心配しました。
また弟夫婦が住んでるところは今朝のニュースで一番酷い被害が言われている鎌手なんです…。
小学生の子供もいるし、お爺ちゃん お婆ちゃんも居るので心配になりました。

弟に電話をしましたが通じません…。
少し待ってから母に電話してみたら、やはり鎌手は被害が大きく母親の益田市でも高台に家がある実家に避難したみたいです。
安心しました。

私が小さい頃、益田市は、よく災害が起こる町でした

今回、弟が避難してきましたが 我が家の避難は前にもありました。

丁度私が中学生の時です。
その日凄く雨が降ったのですが、朝 自分の二階の部屋の窓から外を見ると
そこは道路じゃなくて水路でした…。
その状況に妹と大騒ぎして下に降りると、川の近くに住んでいるはずの祖父母と見たことのない白髪の老婆が居ました。

母に聞いていると、深夜あまりに雨が酷かったので川の近くの祖父母の家から我が家に避難させたと言うのです。
その地点で雨が、かなり降っており川が氾濫していたと言っていました。
知らない白髪の老婆は、いつも栗色のカツラをかぶっている お婆ちゃんでしたが
その人が独り暮らしだったので一緒に我が家に避難させたと言っていました。

この時は何も考えてませんでした。
ただ中学生の私は普段と雰囲気が違うのでソワソワしていた覚えがあります。

川の氾濫がおさまって…

祖父母の家に片付けに行くと言うので一緒に行きました。
もぉーね…言葉が無かったです。
至る所、泥しかなく家の中も泥だらけ…。
祖父母の家は流されてませんでしたが、窓やドアは無くなって木が沢山突っ込んでいました。

近所の仲良しの幼なじみの家は、ありませんでした…。
小学校の時からの仲良しの子です。
母に聞くと近くの避難所に居ると聞いて安心しました。

でもね、これ以後 引っ越しして彼女とは会えなくなっちゃったんです。
私が中学生になったばかりだったので、1つ年下だった彼女は そのまま転校しちゃったようです…。

彼女との話は、いつかブログに書きたいなぁ~。
凄く仲良しだった1つ年下の彼女『あーちゃん』の話。
アトピーで、見た目が酷い私と遊んでくれた女の子でした。

話が少し脱線してしまいましたが、この時の光景は今でも凄く覚えています。
泥の臭いも…。
小さい頃から育ったはずの、様変わりした家。
空には沢山のヘリコプター。
県外からはテレビ局の人。

自主的に父親が祖父母と近所のお婆さんを避難させたから良かったけれど
一歩避難するタイミングを間違えると、とんでもないことになっていました。
雨がいつもと違う気がする…。
そんな雰囲気からタイミングを見極めて祖父母の避難を考えたみたいです、一歩間違えれば両親も危なかったようでした。
タイミングって難しいですね。

このまえの広島の雨の時、旦那さんが避難しよう!と言いました。
この時は何も考えずに『以前の時より雨酷くないから大丈夫』と言ったけれど、
あの時は前回の雨の感じと比べて大丈夫と判断したんです。
でも旦那さんは相当危機感を覚えてたようでした。
人によって危機管理違いますからね。

広島の雨は止んだけれど、避難してきた弟夫婦と義妹の両親の今後が心配です。

皆さんも雨が酷いとき、なにかしら避難を考えないといけない時があります。
その時の状況にもよると思いますし、気持ちもあると思います。
だけど何かしら不安を感じたら直ぐに避難しましょう。

 - その他, 未分類