どの職業でも練習と経験が大事★今月もデンタルケアに行ってきました

   

こんにちは

今日は、3ヶ月前から予約していたデンタルケアの日でした。
歳を取るにつれて凄く健康を考えるようになった中で、『歯』は大切な要素の1つだと思っています。
歯が無くなったら人相が変わると聞いたことがあるし、片側ばかりで食事していると、やはり顔の筋肉のバランスが崩れるみたいで頬が下がってシワが入ったりすることもあります。。
それに、人とコミュニケーションを取りながらする仕事が多いので口臭なと考えるとデンタルケアは欠かせませんね。

そんなデンタルケアに、うるさい私が通う歯医者さんは西広島駅から近い場所にある『坂田歯科医院』です。
こちらで今は3ヵ月に一度ケアしてもらう為に定期的に通っています。

定期的に通うメリット

私は歯医者さん苦手なんです(>_<)
まぁ、大好き♥って方は居ないと思うんですけどね(^_^;)
だって、小学生の時に歯が痛くて歯医者に行ったのに、口を開けずにいたため『二度と来るな!』と医院長先生を怒らせた事があるくらいですから…( ´艸`)
そんな歯医者が苦手な私が何故定期的に歯医者に通うんでしょうね?!

まず、虫歯は悪化してからの治療は超痛いです。
なので早めの治療で痛さを少しでも小さくしておきます。

また先ほども書きましたが、歯に歯石などつけて口臭の原因を作らない為です。

その2点が一番大きいですね。

定期的に通う事で記録が残る

毎回歯磨きのブラシの当て方やフロスの使い方など根ほり葉ほり聞いてしまいます。
私は右利きなので、どうしても右側の歯が磨きにくいようです。
そういうのも定期的に通って記録を残しているので、よく分かります。
表を見ると、毎回少し腫れてるところは一緒です。
そういうのがハッキリと残っているので意識が出来ます。

後は歯ブラシのブラシの当て方やフロスの入れ方なども色々聞いてみたりします。
今回も根ほり葉ほり聞くので歯科衛生士の方が、歯の模型を持ってきてくれました。

歯の模型で練習

でもね、歯の模型を見たら片側だけ歯茎が腫れてるのが分かるし歯茎が少し下がっているのが分かります。
そして、そこには何やらグレーの物体が塗られていたり虫歯の箇所が作ってあったりしました。

思わず言っちゃいましたね。

『これは歯の模型でも、虫歯の歯の模型ですか?』って!?

そしたら、やはりそうみたいで分かりやすいように説明するのに使ったりするそうです。

後は学校を卒業した歯科衛生士さんや、働いている歯科衛生士さんの練習にも使うそうですよ!!
専門の学校で勉強して卒業しても尚こうやって練習するみたいです。
私のデンタルケアをしてくれる担当の歯科衛生士さんの模型はボロボロだそうです。
とっても上手なんですが、その技術の上には努力と経験があるんですね✨✨

歯石を取る練習は模型にマニキュアを付けて練習するそうですよ。
ちょっと歯医者さんの使う道具とか見てると色々な形があって、椅子の横にも道具や機械が付いててワクワクしません?
毎回、歯医者さんに行くと根ほり葉ほり聞いてから写真を撮ってしまうpikaでした。

さて私も、きちんと お客様の前で自信を持って捻れるよう、努力を怠らず日々練習ですねっ✨✨

直接人間の身体を治療するプロの方々でも、こうやって日々努力と練習することが分かった歯医者さんでした。

 - pikaさんの日常