これからの高齢者社会にピッタリな乗り物★高齢者の事故を考える

   

こんにちは

以前Facebookで、とても気になるブログを見つけたのでシェアした事があります。
ずっと、そのブログに書かれている内容が気になっていてシッカリ自分のブログに紹介したい!!と思っていました。

そのブログは、こちらです。
自転車屋さんが書かれているブログなんですが、凄く凄く良い提案を書かれているんです。
皆さんにも読んで欲しいし 何よりも行政の方々に読んで欲しい内容です!!
だから今回はFacebookだけではなく、自分のブログで きちんとした形で紹介します。

最近多い高齢者の事故

最近凄く高齢者の事故多いですよね…。
逆送した、ブレーキとアクセル間違えた等々ですが
家が分からなくなってグルグル走行していたと言うのもありました。
これは老化に伴う事が要因での事故です。
そして未来ある方々が被害に遭われ亡くなっています。

自動車を運転する お年寄り

2度事故を起こした お年寄りの記事が出ていました。
1度目の自分が起こした事故で妻を亡くし、2度目の自分が起こした事故で長男の嫁を亡くしてしまった内容でした。

何故1度目の事故を起こした時に運転するのを止めなかったのか…。
その想いだけでした。
年寄りだから許されるのか!?と色々と考えてしまいました。

歩いて買い物をする お爺ちゃん

お年寄りが起こした事故のニュースと同時に思い出したのは、買い物で毎日トボトボ歩いていた お爺ちゃんでした。
曲がった背中に真っ白な髪の毛の お爺ちゃんが雨の日も暑い日も時間をかけて歩いて買い物に行くんです。

全く血縁関係がないけれど、ずっと私の中で深く関わりがあった方々として残っている人です。

こちらの お爺ちゃんは私達が引っ越して2年くらい後に亡くなったとか…。
一番下の子供が小学生になるまでは、生きていたいと言われていました…。
聞いた時には、何故もっと早くに顔を見せに行かなかったのか後悔しました。
それで、お爺ちゃんと一緒に暮らしていた妹さんが入院したと聞いた時には子供と5時間かけて見舞いに行きました。
会える時に会っておかないと!
後悔したくなかったんです。

以前住んでいた田舎は、買い物に行くにも不便な場所でした。
なので車は私の生活において絶対必要なところです。

そこで毎日毎日買い物に お爺ちゃんが長い距離をトボトボ歩いて行く姿を見かけていました。
隣なんだから一緒に行けば良いじゃないか!と思った私は声をかけて買い物に一緒に行くようになりました。
たまにはメモを渡されて買ってきたりもしてました。
そうして近所付き合いが始まりました。

健康に歩くのは良いと聞きます。
ですが買い物だと荷物も出来ます。
車で買い物に行く私でも天候が悪いと
買い物に出るのも嫌になります。

車がないから歩いて買い物に行く お爺ちゃんの事を想うと、車を手放せずに運転している お年寄りの事情も分からなくないです。

そういう時に、こちらのブログを知ったんです。
免許を返却して、その代わりに補助金を貰って電動アシスト自転車購入の足しにするんです。

自転車は健康にもいいし、環境にもいい。
維持費も安く安全です。
後ろに籠や補助輪を付ければ2輪車に自信がなくても
乗れたりします。
ヘルメットも被れば更に安全性は高まりますよね。

これからの高齢者社会に向けて。私も他人ごとじゃない

実は県によっては、免許の返却に応じてタクシーの乗車券とか色々特典を付けてるところもあるようです。
補助金も、その1つです。
ですがまだ実施している県は少ないです。
ここ広島県でも無いようですが、皆さんの住んでいるところはどうでしょう?

これから、どんどん高齢者は増えていきます。
私も、どんどん歳を取ります。
そんな時に自分も安全、そして周りも安全な乗り物があれば…。

だから、このブログを行政のトップの方々に読んで欲しいです。
そして、高齢者事故を減らす1つの案として
これからの高齢者社会の福祉を考えて
取り入れて欲しいと願います。

 - 未分類