この歳になって感じた体の不調★若い頃の不摂生や生活習慣のツケでしょうか…

   

こんばんわ

今日はNPO法人の理事会がありまして、理事の皆さんとと久々に顔を合わせて食事をして楽しい一時を過ごしました。

やはり最近の生活状況やトラブルの話にもなりました。

今年に入って資格や色々な事に参加する為に、かなり出張などしてバタバタしています💦
バスを利用していたのですが、そこで痛めたのが膝でした。
しかも、膝の皿に水まで溜めてしまいました(^_^;)

実は前回も膝を痛めています

数年前、やはり同じように膝に炎症を起こして水が溜まり、1ヶ月整骨院に通ったことがあります。
やはり、その時も移動が多かった気がします。
その時に整骨院の先生に、私は脚の筋肉量が人より少ないから歩くことやスクワットなど勧められました。
それを聞いて、数ヶ月は続けてスクワットや先生に言われた体操をして気をつけました。
が…人間って普段の生活に戻り痛みが消えると、その時の大変な想いも消えちゃうんでしょうかね(^_^;)
スッカリ忘れて、言われた事をしない生活をしていました…。
そして今回また同じように、膝が炎症起こしてしまったのです。

なぜ筋肉量が少ないのか考えてみる

先生に言われた、あなたは普通の人より筋肉量が少ないの言葉。
これを言われて、私には思う事がありました。

私が結婚する前に住んでいたところは、島根県の田舎でした。
駅に行くのも歩いて1時間くらいかかります。
なので移動するのに、車必須の町でした。
しかも、あの頃は子供も小さくワラワラ居ました(笑)
そうなると全ての移動が車に頼らないと難しくなります。
自転車での移動は最高でも子供2人しか乗せれませんし…。
車だと子供全員乗せれるし早いし荷物も運べるし、なにより楽チンです⤴⤴
そうなると、ほとんど歩くことがありません。
幼稚園も当然遠方になるので、バスで送り迎えがあったので登園で歩くなんてことはありませんでした。

結婚する前は、どうだったのか?

私が幼稚園に通っていた時は、父親の職場の近くの幼稚園に通っていました。
住んでいた場所は凄く離れていたので、父親のバイクの後ろに乗って通園してました。
小学校の時は、直ぐ裏が小学校の祖父の家に引っ越しました。
家の裏手が小学校なので相変わらず歩くことも少なく楽チン小学生活でした。
そして中学校は、どうでしょう?
今度は家を建てたので、そちらに引っ越しました。
中学校までは、歩いて15分以内の近所のとこです。
高校はギリギリ自転車通学になる距離の高校へ。
そして就職してバイクで通勤。
こう考えてみると、私の生活は歩く事が極端に少ないですね(^_^;)

脚の筋肉量が少ないことで起こる弊害

血液を心臓が身体の末端で送ります。
そして今度は身体の末端から戻ってきます.
その戻る役目をするのが、ふくらはぎの筋肉になります。
ですが、私は筋肉量が少ないので上手く戻る事が出来ないようです。
なので脚の むくみは凄いです(^_^;)
靴下脱いでも模様が脚に残ってますから(笑)

この歳になって膝の痛みに悩まされる事なんて微塵も考えていませんでした。
なので運動するとか、歩くとこ全く考えてなかったですね。
そりゃ筋肉量が少ないのも納得できますわ(^_^;)
今になって、もっと歩く生活をしておけば良かったと後悔してます。

まだまだ若い皆さん、しっかり歩いて私みたいに中年期に膝にトラブル抱えないようしてくださいね。
私みたいに、もっと歩いておけば!なんて思うようになっちゃいますよ(^_^;)

 - pikaさんの日常