広島市の保育園さんの卒園式を飾る★前回の親子バルーン教室の感想を教えてもらいました

      2017/03/20

こんにちは

只今、広島県からはなれたところでクラウン姿のpikaです。
ゆめタウン浜田さんに、お邪魔中(笑)

そして、今日は昨日バルーンを納品した、広島市内の口田なかよし保育園さんの卒園式です。
おめでとうございますm(__)m
こちらは前回親子バルーン教室をさせて頂いた保育園さんです。
バルーン教室の時に卒園式のデコレーションの打ち合わせをさせて頂いたんです。

なかよし保育園さんの卒園式デコレーション

こちらの保育園さんは卒園式で今まで園児さんが描いた絵など沢山飾られてます。
玄関からホールに続く階段にもビッシリと子ども達が描いた絵が飾られているんです。
凄く子どもたちの思い出を大事にする保育園さんだと感じました。

そして今回のデコレーションは、やはり園児さんの心に残った出来事が良いだろうとのことで制作させて頂きました。

これを観てピンときた方!あなたは、かなり花や物語に詳しい方です✨✨

話を聞くと『森は生きている』という物語に想いがあるとのこと。
私が最初物語を知らなかったので説明して頂いたのですが、『ソリ』と『マツユキソウ』が印象に残る感じでした。
それで作ったのがソリとマツユキソウなんです。
これを見て皆が楽しい時間を思い出してくれるかな?( ´艸`)
そう考えると嬉しくなります✨✨

前回の親子バルーン教室の感想を聞く

飾ってる時に会長さんと話をする機会がありました。
なかなかバルーン教室をした後の感想や反応など お聞きする機会がないので凄く嬉しかったです😄

バルーン教室は初めての試みだったそうですが、参加人数も多く、皆さんとても楽しかったと言われたそうです。
教室が終わった後は園の方に飾ってあったようで、お迎えの時に見られたら保護者の方々が『参加すれば良かった』と言われる事もあったそうです。

バルーン教室を体験してみて

今回のバルーン教室は普段見かけない風船を多く使い、お土産イッパイになるような教室にしました。
なので、会長さんからは『袋イッパイのお土産が子ども達が大喜びした』と言われてました。

そして作った作品が、なかなか萎まず残ってること。
その萎みかけた作品も子供たちが喜んで捻ったりすることなどお話してくれました。
教室をしてから結構時間が経ってます。
それでも大事に飾ってくれ遊んでくれてることに胸がイッパイになりました✨✨
私がパワー貰った感じですねっ😁

子供たちは捻るのを怖がらない

お話の中で、子供が全然怖がらずに捻るんですよ~って話しがありました。
風船が割れる音は凄くビックリしますよね?
いつ割れるのか心臓がドキドキ♥します。
私もドキドキしてましたし、いきなり割れるとビックリですよ!!(笑)
でもね、ショーの時や教室の時は平気な顔してます( ´艸`)
バルーン教室で風船の先生が、割れる音や捻る音でビクビクしてたら見てる方が怖くなりません?
小さな子供は風船が、いきなり割れる事が先入観としてありません。
なのでパンパンの風船を平気で捻ったりできます。
風船の音が凄く苦手な人は、小さい頃に耳もとで風船が いきなり割れた経験を持つ人が多いです。
いきなり割れた事で、風船=いきなり割れれる感覚になってしまうようですね。

なのでバルーンを捻ってるpikaさんは割れるのにビビってるけど、へっちゃらな顔して捻ってるんですね( ´艸`)

こんな風に今回バルーン教室の感想を聞くことで、色んな事が分かりました。
こういう機会がまたあると嬉しいですねっ。

本日は卒園おめでとうございます。

 - イベント