食事に誘うのためらうよね?★食べれる物が大豆だけと言われた、私のアトピー食生活

   

みなさん こんにちは

よくバルーン仲間と大会や出張先で一緒に食事する機会が多いのですが、私の食べる物や、食事の話に不思議に思う方も少なくありません。
この食生活になった理由を書くことにしてみました。

奇妙な皮膚病

小さい頃は私のような重度のアトピーの子供は居ませんでした。

なので食べ物にアレルギーがあるとか、ダニや埃にアレルギーがあるとか、そういう事が全く分からない頃ですね。
それこそギリシア語の『奇妙な』と言う原語が使われる皮膚病『奇妙な皮膚病』だったようです。

私の場合は湿疹が出て、親が連れて行った病院で注射を打たれた後に痙攣を起こし、全身に湿疹が出たと聞いています。
この『アトピー性皮膚炎』という病名に行き当たるまでに、それこそ親は全国の病院に連れて行ったと言ってました。
私の体だけで家が一軒建つと言われたくらいです(^_^;)
学校のプールでも『うつるかも』と先生に言われ、病院で診断書を取るように言われた、それくらいアトピー性皮膚炎という病名が知られてない頃だったのです。

次第に増えていく知識

私の子供もそうですが、今は『アトピー』という言葉を知らない人は居ませんよね?

それくらい浸透してきたと言うか、アトピーの人が増えてきました。
アトピー性皮膚炎という名前が知られてない頃にアトピーになった私は辛い体験や、いじめも経験しましたが
それと同時にアトピー性皮膚炎の知識もかなりのものになりました(笑)
色々な病院で検査や話を聞き、数多くの健康食品や民間療法、そして新興宗教に致まで様々な場に行って調べたり勉強したり体験したりしました。
宗教については『幸せは自分の物差しで計るものであって、人それぞれ幸せの尺度が違う』の一言ですが
健康に関しては、かなり色々と勉強出来ました。
よく健康食品の話があって敬遠される方も居られると思いますが、買う買わないは別として話を聞くのは凄く勉強になります。
『うんち』に関しても、かなり語られる人間になりました(笑)
『水』に関しても、かなり うるさい人です。

アレルギー反応

今は医学も発達して検査によって何にアレルギー反応を起こすのか調べることが出来ます。

私も成人してから注射を何カ所も打って、何に反応するのか検査をしました。
左腕に30箇所くらい注射を打って、かなりの範囲で細かく調べました。
それによって分かったことは、ほとんどに反応があった事と
『糖質』『ダニ』『埃』が一番酷い反応だったと言うことでした。
確かに、1ヶ月以上打った箇所の腫れが引かないくらいの反応が残りました(^_^;)

この『糖質』という結果で医者に言われたのが
米にも糖質がある、色んな食材に糖質がある。
あなたは食べ物に関しては『大豆』だけには反応しないが、大豆ばかりでは生活出来ない。
だから今後は、お米を止めて色んなアレルギー反応がある物を少量身体に入れるようにした方がイイと言うことでした。
例えば第一週は肉の日1日。第二週は魚の日1日とかって感じです。

今の食生活

私の今の食生活は、朝は食べません。

昼には適当に少ない量で、好きな物を食べています。
そして夜は、食べるときもあれば食べない時もあります。
おかずが残っていれば少し食べるトカ
お鍋に少し残れば、それを食べるトカ
そんな感じです。
お腹いっぱい大好きな肉とか食べたいですが…
それすると顔に直ぐ出ます(^_^;)
何食べてもアレルギーがあるので避けるのが面倒になったと言うか…慣れも必要なんじゃないかと思って適度に好きな物を少量食べてます。
何かに突出してアレルギー反応が出る方とは違って、全部に まんべんなく出ちゃうので
喉が腫れて息が出来なくなるトカはないです。

今は友達と食事に出たり、バルーン仲間と出かけたときには同じ食事をします。
翌日に朝昼を抜いたりして、ユックリ体が消費できるまで待ってあげることでアレルギーが沢山出ないように気をつけています(*^_^*)
周りが気を遣ってくれて聞いてくれますが、ちゃんと翌日には調整してるので案外大丈夫なんですよー
ただ魚は苦手なんです(^_^;)
でもそれはアレルギーとは全く関係なくて、嫌いな物が魚ってだけなんです。

問題は30過ぎて食べれるようになったカレーライスです。
食べると何かのスパイスに反応して、夜中には唇がアンジョリーナのような魅惑的は唇になってしまいます。

でも、どうしても食べたくなったらアンジョリーナの唇になるのを覚悟して食べたりもする懲りない奴です(笑)

こんな奴ですが甘いものや、ランチとか美味しい物大好きです♥

周りの人に気遣いさせてしまうアレルギー。
でも色々と長い経験の中で、自分なりに対処療法身に付けてるもんです。

なので!遠慮なく誘って下さい!!(そこかい!!)

 - pikaさんの日常