信じる者は救われる?★アトピーの私が父親に言われて実行したこと

   

おはようございます

ここ最近、普段は食べないチョコレートを結構食べて顔が痒いpikaでございます。
ひょっとして一年後も同じ事をしているんじゃないかと不安になったりしてます(笑)

やはり甘い物はアトピーの天敵ですね(^_^;)
分かっているけど、たまに止められない時があります…。

さて、私はアトピーが顔に出やすいです。
既に手は出ていてケロイドみたいになっているのでアトピーと分かりやすいのですが
顔は何かしら食べ過ぎたり、甘い物を食べると痒くなって赤くなります。
普段は顔には出てないので、周りからはアトピーと分かりにくいようです。

思春期の時に顔に出ていたアトピーの状態とは

実は高校2年生の時が恐ろしく顔のアトピーが酷い状態でした。
実際にアトピー経験のある人なら分かると思いますが、皮膚に油分が全くなくカサカサを通り越して、パサパサの状態でした。
当然、皮膚がパサパサなので突っ張って笑えません。
たまに笑うと顔に亀裂がピシッと入ってジワーと血が うっすらと滲んでくる感じでした。
パサパサならば保湿したら?と思うでしょ?
ですが、そのパサパサの皮膚の下には小さな水泡みたいなのがあって剥けるとジュクジュクの汁が出て
乾くとパサパサになるんです。
顔から出る体液で顔がパサパサって感じでした。

まだ高校1年の時はマシでした。
首から胸にかけて…。後は脚のリンパがある付け根の部分の皮膚が変色して紫色で汁が出ていただけでしたから。
まぁ、それでも充分酷い訳ですが顔に出なかったので良かったのです。
ですが、高校2年から顔に出るようになったんです。
顔に出てパサパサだと喋るのも大変でした。
だって皮膚が切れるんですもん(^_^;)

何の根拠か分からないが、父親に言われた一言

ある日、なぜだか忘れましたが父親がいきなり言いました。
『亀の子だわしで、こすると治る!』と…。

亀の子だわしですよ?これ↑タワシです。
分かります?ガジガジの痛いタワシです。
それで、こすれと父親が言ったんです。
なんでしょうねぇ~今こうやって書いていても
よく信じて実行したなぁ~と(笑)
何の根拠もなく、ただ父親の言葉を信じて毎日タワシでこすったんですよ!わたし。

『亀の子だわし』の効果とは

昔ながらのタワシでマジで痛いです。
それをパサパサの顔に こするわけです。
当然ながら皮膚が剥けて汁が出ます。
お風呂から上がった私は何十分も顔にティッシュペーパーを張り付けて、汁が乾くのを待つのが日課になってました。
丁度一年くらい経った頃でしょうか…。
タワシでこすった後に汁が出なくなってきました。
傷になっていた場所からは汁ではなく、剥けると血がブワーと出るようになりました。

そしてパサパサの皮膚が剥けて新しい皮膚が出てきました。

私の中では、皮膚の表面のアトピーの部分を無理やりタワシで削ぎ落とし
皮膚の深い部分にあったアトピーに侵されていない部分に到達したんだ!って感じでした。

何で父親がタワシの話を持ち出したのかも謎です。
今考えると、あの頃の父親は宗教をしていて食生活やら色々と勉強していたようですが、
そこで言われたんでしょうか?
それとも、そういう原始的な方法を考えついたのか?
今度聞いてみようと思いますが、今の顔に出ていないのは
紛れもなくタワシのお陰です!(笑)

信じる者は救われる!って言葉がありますが、あの時の私は全く疑うことなく父親の言葉を信じて一年間実行しました。
何かしら書かれていた事でもなく保証された根拠がある物でもない事ですけど…。
今の私だったら…実行したかは謎です。

ただ言える事は、にっちもさっちも行かない状態で
その言葉を信じて毎日何かをすることが
何も進歩がない、何も効果がなかった自分に出来る事だったんだと思います。

信じる者は救われる
この時は、まさに私には これしかなかったんでしょうね。
現在私は365日ブログ書いてみよう!なんて思ってますが、この心境ですかね(笑)

 - pikaさんの日常