ケーキの種類や、お店の雰囲気で変わるワクワクした気持ち

   

こんにちは

昨日は私の旦那さんの誕生日でした。
何歳になったのか・・・・・
何回目かを書けないとこで察してください(笑)
もちろん家族みんなでケーキを食べてお祝いしました。
今回は、そのケーキを買うにあたり色々とあったのでブログに書いてみます。

ケーキはホール?カットケーキ?

今日、ケーキを買いに行こうとなったときに娘に聞きました。
「ホールにする?」
「それとも小さいケーキを色々買って選ぶ?」と・・・。
そしたら娘は、色々なケーキを見て選ぶ方がワクワクすると言うのです。

確かにホールのケーキは見た目は豪華だけれど同じケーキです。
だけどカットされたケーキは色々な種類に、色々な味があります。
確かにワクワクするなぁ~などど自分も思って、カットされた色々な種類のケーキを買うことにしました。

ケーキ屋さんにLet’s go!

いつも決まってケーキを買うお店があります。
なんと、そこへ行くと火曜日は定休日ではありませんか!!
さぁ・・・どうしようかという事で別のケーキ屋へ・・・。
なんと!!そこも、お休みです・・・。
ケーキ屋さんは火曜日が定休日って多いんですかね?(^-^;
結局、一度も行った事のないケーキ屋さんの看板を見つけ入る事に。

停めて店内を見た段階で娘が一言
「お母さん、ショーケースにケーキが少ないよ・・」
と言いました。
娘は沢山あるケーキからワクワクしながらケーキを選びたかったようです・・・。
でも私達がケーキ屋に行ったのは夕方近くです。
沢山種類があったのも無くなっていたのかもしれませんね…。
でも停まったからには!!と思い購入することに。
ショーケースを覗くと・・・・
同じ形の三角のケーキで、上に違うフルーツが乗っているケーキが7種類くらいありました。

娘が「どれでもいいよぉ~」と投げやりにいいます(^_^;)
普段ケーキを選ぶのに凄くワクワクしていた自分を思い出します(笑)

結局数種類のケーキを買って帰ったのですが、その事を旦那さんに相談しました。
そしたら別の店に買いに行こう!ということになりました。
うちの一番上の娘は1人暮らしをしています。
ケーキや甘いものが大好きな子で、わざわざお祝いしに家に来ると言っていたからです。

2度目のケーキ屋へLet’s go!

今回のケーキ屋さんは、以前住んでたマンションの近くにあるケーキ屋さんです。
店の外から可愛い雰囲気があります。
イルミネーションをしていて外観も、とっても可愛いんです。
そして店内は、とっても可愛いケーキやクッキーが飾られていたり
バルーンが浮いていたり。。。とっても賑やかな雰囲気です。
ショーケースを見ると色々な種類の形、色、そして果物以外のものもイッパイ乗ってます。
どれにしようかと迷いながら買いました。
きっと娘も、このワクワクがしたかったんでしょうね。
全部買わないし、買えないですが沢山の中から選ぶワクワク感がいいんです。

ケーキ2種類を食べてみて・・・

帰ってから皆で、ご飯食べた後にケーキを選びます。

最初に買ったケーキ屋さんの箱を開けます。
少ない中から選ばれたケーキです。

なんだか素朴な感じのケーキで、私が小さかった頃のケーキを思い出して懐かしくなりました。
愛情込めて作られているんだなぁ~って感じです。

2つ目のケーキの箱を開けました。
子供たちから『わぁ~』と歓声があがります。

1店舗目と違う可愛らしさがあります。
1店舗目も、2店舗目も古くからあるケーキ屋さんなので
どちらも美味しいケーキ屋さんだと思います。
そして愛情持って作られ、お客さんに喜んで欲しいという想いで作られている気持ちは同じだと思います。
購入者からすると、それ以上に見た目や お店の雰囲気そして沢山の選択枠があるという更なるニーズを求めてしまうところがあります。

今回、購入者という立場に立って考えてみたとき・・・。
その商品が欲しくて行く訳ですが、見た目や雰囲気の大切さが
ワクワクした気持ちに大きく左右する事がケーキの事で分かりました。
自分もバルーンのデコレーションの提案をする時、購入する方の立場に立って
少ない提案ではなく多くの種類の提案をしようと思いました。

またネットの普及で情報社会になりました。
個々のお客様のニーズに対応出切る様に日々アンテナをピンと立てておかないといけないと気付かされました。

そういった事で、これからもドンドン色々な情報を取り入れ、お客様にワクワクした気持ちを持ってもらえるように頑張るぞぉーと感じたケーキの話でした。

 - pikaさんの日常