広島テレビのカープ優勝特番で私たちも戦いました★巨大バルーンアート制作

   

おはようございます

今日は珍しく、お日様も出て眩しく、
空は雲一つない洗濯日和ですよ⤴
この時期に洗濯物がカラッと乾くのは有り難いです。

さて、話は変わりますが木曜日は午前中がカルチャーセンターのバルーン教室でした。
生徒さんは結構長くされてる方々と
少し前に始めた方の混合の教室です。

そんな中で私はバルーン教室のアシスタントをさせて頂いてます。
実は今年は、これで最終回になります。
次回来年からは私が専任の講師としてカルチャーセンターのバルーン教室をすることになりました。
お話を頂いたのは、カルチャーセンターの店長さんが
広島テレビでのバルーンアートを見たことがキッカケみたいでした。
どこで誰が観てるか分からないものですね(笑)
これが縁になった訳ですから。

広島テレビでのカープ優勝特番

9月のカープ優勝の翌日の特番でバルーンアートを制作しました。
観られたら方も居られますか?
マツダスタジアムで監督を選手が胴上げしているバルーンアートです。
かなりのデカさで横幅5メートル以上
縦が3メートルくらいの巨大な作品です。
そこまで大きな作品を作る機会はコンテストくらいです。
しかも、お話があってから生放送までの時間がなかったので・・・。
なので、デザインからフレーム作りまで結構苦労しました(^_^;)

テレビで出ている場面って何分かが場面に分かれて出た感じなので、
どんな感じで撮影されていたか分からなかったと思います。
少ない準備期間に制作場所を探したり、
空いた時間に制作したり、デザインしたり計算したり。
色々とする事がイッパイでした。

また、優勝する日が今日か?明日か?だったので
テレビの制作スタッフも大変だったと思います。
だって優勝する前と、優勝決定後の文字が同じじゃ、
ちょっと違うでしょ?(^_^;)
なので優勝決定が決まる夕方まで文字の制作が決まらなかったんです。
そんな風に結構撮影では色んな事が考えと違うことがよくあります。

この時もバルーン仲間たちが集まってくれて協力してくれました。
本当に仲間に恵まれているなぁ~と自分でも思ったりします。

今回のテーマは「みんなで」

カープ優勝に向けて選手も応援する皆も一丸となっていましたね。
カープ球団は、応援する皆との絆がとても強い球団です。
何度も何度もピンチの窮地から逆転して奇跡を起こしたと報じられました。
流行語大賞にも「神ってる!」って言葉が入ったように、まさにそうでしたね。
皆の応援の力を凄く感じました。
そして選手の方々の深い絆のようなものも感じました。
カープ優勝は、1人の力ではなくチームや応援する皆が居て成し得たものと思っています。
そういう意味で、皆で手にした優勝という印象です。

今回の広島テレビさんから頂いた時間は3時間でした。
その番組の中でスタートして完成させるというものでした。
全て生放送でするので未完成は、最初から頭にありませんでした。

この時は本当に仲間たちが一丸となって協力してくれました。
なんだかカープの優勝目指した時と同じだねーなんて話をしならがら頑張りました。

今回の広島テレビさんのカープ優勝特番でのバルーンアート制作は、
私たちにとってカープの選手や応援されてる方々と同じで
「皆で目標に向けて頑張る!」でした。

本当に仲間が大好きで信頼の上に成り立つものですが
仲間との絆を確認しあったような、そんなバルーンアートの制作でした。

このような機会を与えてくださった、広島テレビの方。
そして優勝しなければ、そもそも話がなかったであろうことから

カープ球団の方、選手のかた、そしてカープを大好きな皆さんに感謝です。

ありがとうございました。

 - イベント